弁護士コラム

contact_tel.pngメールでのお問い合わせ

2012.06.28更新

≪スタッフ トピック≫
異性と付き合い、当然に幾度となく男女の関係をもったところ、ある日、相手側から病気になったので、治療費を払って欲しいと、数百万の請求を受けたという。慰謝料の請求が含まれているわけではなく、手術を伴って長期化したため、治療代としてはちょっと高額になったようです。
これは支払うべきなのか? 
事例の前提条件は、婚約しているわけではなく、不倫でもなく、単なる男女の付き合いのケースです。とは言え、自分のせいで病気になったと断言されると、診断書や領収書があるなら、治療費の半分くらいは支払っておいた方がよさそうだな、そんな気になりそうですが、どうなのでしょうか。
支払うべき責任があるのかどうか、それは、その病気が、「当人との関係が原因だと断定できるか否か」ということになります。ゆえに、もし請求するなら、その根拠として、原因がそれなのか(私に原因があるのか)を立証して下さい、立証できないなら支払えない、そういうことになるわけです。
法的見解としての意見はそういうことですが、実際の話し合いでは双方の感情の程度や理解の度合いによって様々な展開が予想されますので、「もつれて」しまったら、やはり一度、法律事務所の無料相談にお問合せされるのがよいのではないかと思います。

投稿者: 髙瀬孝司法律事務所

弁護士コラム 解決事例/CASE よくある質問/Q&A
TEL:03-6383-3646 営業時間10:00〜18:00